ぽっちゃりな顔を小さく見せるには、

今回は、ぽっちゃりな顔を小さく見せる方法について解説していきたいと思います。

丸、面長、逆三角、ホームベースなど、顔の形は大きくいくつかに分類されます。

そしてそれぞれに魅力的なチャームポイントがあります。愛らしいふっくらした輪郭がトレードマークの丸顔さんには、親しみやすさや可憐さがあります。しかし丸顔さんの中には、そのふっくらした輪郭が悩み…とコンプレックスを抱いてしまう人もいます。メイクや髪型で、少しでもシャープに見せようと工夫している人も少なくありません。そこで輪郭をシャープに見せたいときに役立つ各パーツのポイントをご紹介します。

顔が大きく見える原因の中でまず最初に注意をするべきポイントは「いかに顔を小さく見せるか」です。顔の大きさは髪型やメイクによって変化します。顔まわりを包み込む毛束で輪郭をシャープに見せるヘアスタイルがあります。
重さを残したシンプルなボブは、顔まわりを包むように輪郭をシャープに見せて、さらに目のラインぎりぎりでカットした前髪で顔の面積を減らし、小顔度をマックスに出来ます。そのほかに髪が長い方だと髪をアップにしおだんごヘアーや髪を上に持ってくることで顔よりも髪に目をいかせることによって顔が強調されなくするという方法もあります。自分にあった髪型、ヘアアレンジで顔を小さく見せる方法を見つけることです。

またメイクだと、短めに描くと眉毛とこめかみまでの余白が広くなり、より輪郭の丸さを強調してしまいます。不自然にならない程度に、やや長めに描くと小顔効果にもつながります。次に、囲み目メイクは、目を強調することはできても、目を大きく見せる効果はありません。かえって目をコンパクトに見せるので、より輪郭の丸さが目立ちます。上まぶたのアイラインは目尻から外に逃がして描くことで広がりが出て、目も大きく見えます。そして流行のまんまるチークはキュートな印象に仕上がる代わりに、顔の丸みを際立たせます。チークは顔の中心寄りに入れるのではなく、頬の高いところからやや斜めに入れるとふっくらした頬がシャープに見えます。明るい肌色は膨張色なので、フェイスラインぎりぎりまでファンデーションをこってりつけると、輪郭の丸みを強調してしまいます。フェイスラインはパフに余ったファンデーションをのばす程度にしておくと、シェーディング効果や立体感が出るので、あごや頬が引き締まって見えます。

以上の髪型、ヘアアレンジ、メイクの方法でぽっちゃりな顔を小さく見せる方法、是非お試しください。


ぽっちゃりな顔を小さく見せるには、へのコメント

ラファーファ広告

★大人気雑誌ラファーファ★