ぽっちゃりファッションのやってはいけないコーディネート術

 

ぽっちゃりファッションのやってはいけないコーディネート術を伝授します。

セクシー系なのですが、ぽっちゃり体型を逆に活かして胸やお尻を強調したいと思う人が間違ってやりがちなものです。

体のラインがしっかりと出るピッタリの服でなければセクシーに見えない!」という先入観は捨てましょう。誰でもそう思いがちなのですがそれは間違いです。

セクシーなライン」というものは、実物のラインを露出するのではなく、「そこにある」ことを意識させることのほうが重要なのです。胸にワンポイントがあるトップスを選べば胸元が強調されますし、ウエストにベルトをとめれば腰のくびれが強調されます。

実際にはそこに存在しなくても、しつこく表現するよりもそこにあるかもしれないことをさりげなく気づかせるほうが、セクシーへの近道で見せ方なのです。

 

次にコンサバ・キャリアウーマン系でぽっちゃりだって服の雰囲気でキリッとしたイメージにできるはずと思う人がやりがちな間違え方です。

ワイシャツにタイトスカートにジャケット、これなら外れがないはず…とクールでかっこいいスマートな服に頼りすぎていませんか?これが誤りです。

まず、ジャケットやカーディガンは無理なく自分の体型にあったものを着ましょう。大きめのもので大丈夫です。その場合には、ウエストに絞りが入っているものをなるべく選びましょう。
また、タイトスカート履くと太さや張りが強調されてしまうことがあります。この場合には、フレアがついているふわふわした物など、ボリュームを目くらまししてくれるアイテムを選びましょう。
更に重要なのが、小物使いです。例えば、ロングネックレスやストールで縦長のラインを強調すると、服の印象と相まってシャープな雰囲気を作ることができます。

 

最後にナチュラル系マイナスポイントを全て覆い隠してしまおうと思う人がやりがちです。

飾り気なく、とにかくシンプルにすれば悪いところが目立たないのではないかと考えて、自分の体型を覆ってくれるゆるやかサイズのTシャツやセーター、スカートなどをさらっと着ていませんか
例えば、ユニセックスなタートルネックのセーターにシンプルなジーンズを合わせた自分の姿を鏡で見てみてください。シンプルな服は、シンプルすぎて、体型のマイナスポイントをカバー出来ずぽっちゃりをそのまま強調してしまうのです。特に足首・手首・鎖骨・うなじを隠すのはやめましょう。
足首・手首・鎖骨・うなじは、そもそも人間の体の中で細くできている部分です。

太ももより足首が太い人や、頭より首が太い人はなかなか居ないでしょう。
試しに、タートルネックのトップスVネックに、フルレングスパンツクロップドに変えてみてください。たったそれだけで、繊細さや女性らしさが加わります。髪をアップにしたり、袖丈の短いトップスを着たりするのも同様の効果があります。
どんな体型の女性でも、可愛らしい部分・女らしい部分を等しく持っているのです。それを隠す必要は、どこにもありません。

 

以上の3つの点を自分と照らし合わせてみてください。
何か改善できるところ1つは見つかっていないでしょうか


ぽっちゃりファッションのやってはいけないコーディネート術へのコメント

ラファーファ広告

★大人気雑誌ラファーファ★