ぽっちゃりとデブの違い

色々な体の場所で判断することが出来ますが、実際にぽっちゃりとデブというものはどのように違いが出てくるものなのでしょうか?またどこまでがぽっちゃりでどこからがデブという扱いになるのでしょうか?

1.くびれで判断

「好みにもよるけれどあえて境界線を教えてと言われると、くびれがなくなったらデブだと思う。胸よりお腹がでていたらアウトだと思う。」という意見があります。
胸とウエストのメリハリがあれば、デブではない模様です・・・。

2.顎で判断

「下を向いたとき、顎のラインが消えて、顔の輪郭と首との差がなくなっていたらNG」とい意見があります。
鏡では正面から顔を見るのが一般的なので、下を向いている自分の姿を意識したことがない女子も多そうですよね。

3.お腹の贅肉で判断

「お腹がポッコリしている程度ならぽっちゃりと言えるけど、二段腹はデブ」という意見があります。
さすがに二段腹だと、本人も自分の体型を気にしてるかと思います。

4.手の脂肪で判断

「手や足まで太っていたらデブです。お腹は脂肪がつきやすいからちょっとくらい太ってもしかたない」という意見があります。
ムチムチした手は赤ちゃんのようでかわいらしいと思いますが、男性からするとNGのようですね、難しいです・・・。

 

男性が考えるぽっちゃりとデブのちがいに、さまざまな意見が寄せられました。女性が考えるぽっちゃりとは、少し差があるのではないでしょうか?

あなたが考えるぽっちゃりとデブのちがいは何ですか?


ぽっちゃりとデブの違いへのコメント

ラファーファ広告

★大人気雑誌ラファーファ★